• ホーム
  • NEWS
  • 【NEWS】直売所の旬野菜を詰め込んだ「季節の野菜セット」が人気

【NEWS】直売所の旬野菜を詰め込んだ「季節の野菜セット」が人気

開いたことろから楽しんでほしいと見栄えにもこだわる「季節の野菜セット」荷造り

開いたことろから楽しんでほしいと見栄えにもこだわる「季節の野菜セット」荷造り

南信州の旬な野菜を詰め込んだ「季節の野菜セット」の配送が7月15日、スタートした。農産物総合DMセンターが全国の会員に向けて発行するダイレクトメール「南信州便り」の商品として昨年夏から3回目の取り組みです。直売所に朝持ち込まれた12品目の新鮮な野菜やきのこをその日のうちに発送するとあって、リピーターも多い人気商品。今年度第1弾ではトマトやナス、アスパラなどの定番野菜とともにホワイトしめじやハナビラタケといった珍しいきのこも入ります。箱詰め作業を行った直売所りんごの里では段ボールを開けたところから楽しんでもらいたいと、3人の職員が見栄えの良い詰め方や色合いのバランスを相談しながら荷造りを行った15箱を東京や大阪などへ発送しました。



セット用にトマトとパプリカを出荷した矢澤和美さんは「直売所に来られない方や遠方の方にも南信州の旬がたくさん詰まったものが届けられるのはうれしい。これをきっかけに南信州に出かけてもらい自然が豊富な環境を感じてもらえれば大好きになってもらえるはず」と笑顔で話しました。
直売所の田原将司所長は「南信州の季節のおいしいを詰めた、まさに直売所の今をお届けしているような商品です。自宅にいながら南信州の夏を楽しんでもらいたいですし、ぜひ直売所にも足を運んでもらえたら」と話しました。
総合集荷販売センターによると、今回の発送分として予定した100セットを上回る120の注文を受けました。数を重ねるごとに注文数が増える現状を踏まえ「南信州の魅力を発信する定番アイテムの一つになれば」と担当者も期待を寄せます。今後、とうもろこしを目玉とした第2弾(現在注文受付中、8月8日締め切り)、また第3弾(10月発行)では鍋用商材としてきのこや野菜でセットを計画しています。

NEWS

  • NEWS
    月別に見る
ページTOPへ